Climate Science Glossary

Term Lookup

Enter a term in the search box to find its definition.

Settings

Use the controls in the far right panel to increase or decrease the number of terms automatically displayed (or to completely turn that feature off).

Term Lookup

Settings


All IPCC definitions taken from Climate Change 2007: The Physical Science Basis. Working Group I Contribution to the Fourth Assessment Report of the Intergovernmental Panel on Climate Change, Annex I, Glossary, pp. 941-954. Cambridge University Press.

Home Arguments Software Resources Comments The Consensus Project Translations About Donate

Twitter Facebook YouTube Pinterest

RSS Posts RSS Comments Email Subscribe


Climate's changed before
It's the sun
It's not bad
There is no consensus
It's cooling
Models are unreliable
Temp record is unreliable
Animals and plants can adapt
It hasn't warmed since 1998
Antarctica is gaining ice
View All Arguments...



Username
Password
Keep me logged in
New? Register here
Forgot your password?

Latest Posts

Archives

Climate Hustle

ヒートアイランド現象が温暖化の傾向を誇張している

科学的知見...

都市部は間違いなく周りの地域より暖かいが、温暖化の傾向には影響は無いです。

懐疑論...

「Ross McKitrickとPatrick Michaelsの論文によれば、1980〜2002年、ヒートアイランド現象が温暖化の傾向の半分に起因されます。」 (McKitrick & Michaels)

温度記録をまとめる際に、NASAGISSはヒートアイランド現象の影響をできる限り最小限に抑えます。主に都市部の傾向と郊外部の傾向を比較して、郊外部の傾向に合わせます。NASAのホームページにこのプロセスが明記されています(Hansen 2001)

ほとんどのケースでは都市部の温暖化は小さく、誤差範囲内だという事が分かります。意外にも、42%の都市部の温度傾向は涼しかったとの事です(町中の公園など所謂「クールアイランド」にて)。重要なのは、温度の記録を分析する際に、ヒートアイランド現象は考慮されているという事です。

この結果はNCDCによる査読を受けた研究によって立証されています(Peterson 2003):「一般の認識とは反対に、都市化による影響は統計的有意ではありません。…産業地帯は確かに暖かいが、都市部の観測所はクールアイランドに設置される事が多いのです。」

もう少し最近の研究では(Parker 2006)、気温の50年記録をおだやかな夜と風が強い夜と分割しました。結果、「陸上の温度の上昇は風が強い夜とおだやかな夜、両方に観察されたので全体的な温暖化は都市化によるものではない。」

都市部と郊外部の温度傾向の比較

Urbanization effects in large-scale temperature records, with an emphasis on China (Jones et al 2008)によれば、都市部の温度傾向と郊外部の温度傾向にはほとんど違いはありません。この研究は最初にロンドン辺り5カ所の傾向を調べました。図1であるように、都市部の絶対温度はヒートアイランド現象のおかげで他の箇所より高いです。しかし、都市部の余分な温暖は温度の傾向には影響ありません。

図1:年間温度傾向、ロンドン辺り五カ所。茶色と濃い青色は都市部のデータで緑が郊外部。

似たように、同じような結果がViennaでも見られます。

図2:年間温度傾向、Vienna。都市のHohewarteが茶色で郊外のGrossenzersdorfは緑。

中国の都市、郊外ネットワークを比較

確立された都市部は郊外部と同じ傾向がみられます。では発展途上の都市はどうでしょう。ヨーロッパと比べて、中国は顕著な経済成長を果たしました。町のネットワークは過去30年で劇的な拡張を経験してます。有意な都市起源の温暖化が観察されるのだとしたら、ここ二、三十年です。

 

図3:年間平均温度偏差(基準期間1954~83年)。Jones et alは郊外部から42カ所(緑の点線)、都市部から42カ所(茶色の点線)。Li et alは郊外部都市部から42カ所(緑の実線)、都市部から40カ所(茶色の実線)。Li(青)は都市、郊外両方含んだ728カ所から計算された温度。CRUTEM3v(赤線)は陸のみのデータ(Brohan et al., 2006)

この六つの時系列に違いがほとんどみられないという事はいくつかの事が言えます。一つは、データがある程度少なめでも(40カ所)、データ十分(728カ所)な研究と結論が何ら変わりません。つまり、一つの地域の気温を測るために、観測所は728も必要無いという事です。

温度の観測するスケール(範囲)が大きい程、データの均質化の影響が減少します。ヒートアイランド現象が温暖化の原因だと仮説して、気象台のデータを調べに行った人には骨折り損かもしれないが、温度の記録はちょっとの事では影響されない程強固です。

もちろんこの中で一番意義ある発見:都市部も郊外部も温度の傾向が同じ。発展途上の都市部も、地域上平均すれば、ヒートアイランドの影響は温暖化にほとんど寄与していません。

この記事に関連する懐疑論

もっと読む

もっと観る

" allowfullscreen="true" allowscriptaccess="always" b7odcosmgcw&hl="en&fs=1&"" v="" www.youtube.com="" http:="" althtml="

Translation by apeescape, . View original English version.



The Consensus Project Website

THE ESCALATOR

(free to republish)

Smartphone Apps

iPhone
Android
Nokia

© Copyright 2017 John Cook
Home | Links | Translations | About Us | Contact Us